視覚AI

JYJサンブリッジ株式会社の強み

・JYJサンブリッジ株式会社が保有する新技術 “視覚AI×IOTでは、将来的に様々な分野での活用が期待されております。

・また弊社は、お客様の細やかなご要望に応えることが可能です。

視覚AI×IoTの応用と実例


   視覚情報処理の問題は様々な専門分野にわたるため、様々な方向から取り組む必要があります。 例えば、カメラで物体を綿密に追跡できたとしても一つの物体を背景から切り分ける方法を知らなければ役に立ちません。 それができたとして一つの物体を認識できない、さらには物体同志の関係も確定させなくて はならないなど…いずれも人間の脳が最も得意とするところです。 人間の脳は、高度に発達した視覚認知システムを有しており、外界の多様な変化を瞬時に把握できます。 人間は何かが起きたのを見たり聞いたりした時、すぐにそれを言葉で表現できます。 JYJサンブリッジ株式会社が持っている技術は、人間が満っているものをデジタル化して、情報をとれるシステムです。


    POR変数によって、熱量存在範囲が一番高いエリア(ポイントクラウド)が、お客様の注目を集めている商品だと判断することができます。

   

AI技術キーワード


 1.point clould

    点群(てんぐん)やポイントクラウド。コンピュータで扱う点の集合のこと。多くの場合、空間は3次元であり、直交座標(x, y, z) で表現されることが多い。

   

 2.LISTM

    長・短期記憶。ディープラーニングの分野において用いられる汎用計算機である。チューリングマシンが計算可能なことを何でも計算できる。単一のデータ点だけでなく、音声あるいは動画といった全データ配列を処理できる。

 3.3D眼球運動解析    

    注視方向、頭の位置、および方向が追跡され、環境内でのユーザーの凝視の記録が可能になる。線形信号解析アプローチ自体は新しいものではないが、3次元の眼球運動解析への応用は、頭部の動きの6自由度を考慮し、解像度に依存しないため、従来の2Dアプローチを進歩させる。

 4.PoR

    The Point of Regardポイントクラウドの変数単位として、既知の3Dポイントを注視し、頭を動かしながらキャリブレーションシーケンスを実行すると、3Dワールドの光軸を推定やマルチカメラシステムのジオメトリを計算し、3Dの世界における注視点を推定できる。

JYJ SUNBRIDGの技術


    LSTMの考え方は、後の循環神経ネットワークを改善し、情報の恒久化を可能にするものである。前の情報を現在のタスクに接続するために使用することができ、例えば過去のビデオセグメントを使用して、現在のセグメントの理解を推測することができる。